甘えんぼアメショと過ごす吞気な毎日。盲導犬育成を応援しています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のパピーレクチャー。
2012年05月28日 (月) | 編集 |
5月27日(日) 10時~ P胎・最後のパピーレクチャー 


ピリナは少し前から訓練犬としてセンターに入所しているので
ピリナが連れて来られるのをロビーで待っていた。 

訓練士さんに連れられて いつになくテンション なピリナ。
父ちゃん・母ちゃんに飛び付いてきて 珍しく雄叫びをあげたので・・・ 怒られた


そして 兄弟と会い・・・


ピリナ:「へへ・・・れくちゃーがはじまりますよ。るんるん!」

怒られた事などすっかり忘れて とっても楽しそうなピリナちゃん。


        ピリナ↓         ↓プロースくん        ↓プレアちゃん
DSCN0577_convert_20120528124340.jpg
仲良しプロース、 ピリナの手にお手々を乗せて何やらコソコソと耳打ち・・・

どうやら二人でぶっ飛ぶ計画でもたてていたようです。


でもこの計画は水の泡と消え・・・ 

何故か?繋がれた。。。

DSCN0586_convert_20120528124538.jpg


最後のレクチャー。犬たちに最初に出された課題は ステイ。

ちゃんとダウンして待ってるんだよ 


犬同士わらわらしないように 机やイスで囲み家族は部屋の外へ。

DSCN0587_convert_20120528124623.jpg
・・・・で、何でピリナだけ立ってるのか? ダウン 


犬たちが待っている間、人間の為のレクチャーが行われました。
パピーウォーカーとして視覚障害者の方の歩行をもっと知る勉強です。

犬たちが待機している部屋の前の廊下に障害物を立て 人はアイマスクを付けて

①人の腕・肩につかまり 誘導してもらいながら歩く。
②白杖を使ってひとりで歩く。
③盲導犬と歩く。 

これは何を言っても自分で経験してみなきゃわかりませんが
正直①②③ともそれぞれ怖いです。

②に関しては「こちらで~す。」とゴールで声をかけてくれていますが
杖が障害物にあたり、一度体の向きが変わってしまうと
全く自分の行く方向がわからなくなってしまいます。
笑っちゃいけないが 皆であれやこれやと大騒ぎ!

盲導犬と歩くのも初めてで 良い経験をさせて頂きました。


人間が夢中でいろいろ体験中・・・ ステイしてるはずの部屋からは

「ピーピー・ピーピー」 ・・・ あら? これはピリナ???

「キャインキャイン・キャイ~ン」 ・・・ ピリナ???

気が気じゃありませんでした。 どの家族もね。

その後「わんわん・わっお~ん」・・・ となったので、あっこれはプロースだ。
と勝手に思い一安心・笑。
でも実際の所 誰が吠えていたかは不明です。・・・プロースごめん。

その後 また部屋で ステイ。 と声をかけ 犬舎見学へ。
6月からはプロース・プレアも訓練犬になるので
どこでどんな生活を送るのか?説明をうけました。

そして・・・
大人しく待ってるであろう犬たちのもとへ戻ると 「やっと戻って来た~」とでも言う様に
しっぽぶんぶん振って迎えてくれました。 グーッド 


最後のパピーレクチャー は まだ続く・・・





にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。